シューズ店「アスビー」で足を測定しました。

Pexels / Pixabay
健康

こんにちは。ハグです。

「元気ですか?」

「はい。元気です。」

と当たり前のように答えていたんですけど・・・・

最近・・・・・足が痛い。

特に足の裏。

 

運動していないから、「よっし!」

歩こうと歩いてみました。

しかし、今度は足の膝が痛くなってきた。

困った!

くつがいけないのかも?と思って靴を買いにいきました。

そこで、くつは靴でも靴の中に入れるもの

インソールが大切なことを確認。

 

では、そのことを今日はお伝えしますね。

値段の高い靴を買えば、いいのかもしれません。

しかし、庶民はそんなにお金を払えない。

そんな方に!

 

シューズ「ASBee」に行く

店員さんにまずは、足が痛いことを伝えました。

ハグ
ハグ

整形外科に行って、医師から「くつのインソールにも気を付けて」とアドバイスもらったんですが、どれがいいのかわからなくて。

お時間あれば、測定器があるので試して見られませんか。

ハグ
ハグ

お願いします。

と言うことで測定しました。

足を診断測定

まず、シューズをぬいで両足で白い台に乗ります。

かかとを赤い点の前の( の印のところにつけます。

 

そうすると、測定してくれます。

はやっ!

ほんの一分もかかりません。

 

そして店員さんがいろいろアドバイスくれました。

データーから

私の足は・・・

まず、左右のサイズ(長さ)が違います。

そうだろうなあと思っていました。

くつを選ぶときに、右足はいて左足をはくと痛いから

このサイズは合わないことがよくありました。

サイズが違うからですね。

これからは、大きめの左足からはいてみよう。

 

私は、重心も圧力も前のほうにあります。

だから、足の裏前が痛い。

 

魚の目できていつも困っていました。

(今もあります)

パンプスのようなかかとの高いくつは、あるきづらいんですね。

 

2枚のデーターをいただきました。

(持ち帰りできるんです。うれしい!)

 

データーに「おすすめのインソール」も記載されています。

私の場合、前の方が補強されているものがおすすめ。

実際には、インソールにのってみていろいろ試しました。

店員さんと相談させてもらって、今回こちらを購入。

「ソルボライト」

 

履いていたシューズに入れてもらいました。

入れる時の注意点
  • はくシューズのインソールがとれるものなら、そのインストールの代わりに他のインストールを交換
  • インストールが取れない場合は、サイズ大きめのくつを購入する。そしてインストールを入れる。

 

インストール購入を考えているのであれば、そのくつのインストールがとれるか確認ですね。

 

 

今回、店員さんに紐をむすんでいただきました。

今まで、靴ひもがよくほどけていたのに、全くほどけません。

ひもの結び方も大切ですね。

(動画でお伝えしたいですが・・・自信ないのでググってください。すいません。)

 

まとめ

測定器で測ってもらえて、アドバイスももらえる。

しかも無料。

靴が合わないは、インソールを変えるだけで本当に全然違ってきます。

今まであきらめていた、自分のあしの問題も軽減してくれると思います。

私は、交換してから今のところ痛みなくいい感じで歩いています。

 

店員さんが言っておられましたが

O脚の人、偏平足の人はかなりお店にこられて軽減できているそうです。

 

今回、私はイオンにある「ASBEE」でインソールを購入しましたが

きっと、ほかのシューズ屋さんでも導入していると思うので、

試してみて自分の足知ってみたらいいと思います。

足が痛いといろいろ障害が起こりますし、

健康を考える時、歩けることは大切ですからね。