振込用紙で振り込んだ。郵便局?コンビニ?

Alexas_Fotos / Pixabay
出来事

振込用紙を持って、どっちにいこうか?

こんにちは。ハグです。
先日、旅行代金を払い込もうと思って払い込み用紙を見たら、郵便局かコンビニでとかいてあったので、確か手数料は、郵便局だとATMですると安かったなあと思い郵便局へ。でも…ちょっと窓口で確認してみました。(ちなみに~払い込み金額11万円)

うさぎ

これ振り込みしたいんですけど・・・

金額はおいくらですか?現金ですか?

10万円以上の現金だとATMではできないので、払い込みは窓口。良かった、窓口に聞いて。でも、今回は、主人名義の振込書。(私、主人本人ではないので、主人の身分確認するものが必要!写真付きの物!がいる。)ああ~!めんどうです。と言うか・・今は払い込みはできないなあ。これから家に引き返えして~~と思っていたら

コンビニだとできるかもしれませんよ。確かではありませんが・・・

ダメもとで、近くのコンビニに行きました。(今回は、手数料はなしでした。)
なんの問題もなくできました。払込完了。よかった~そこで

払込用紙で払い込む時

調べてみると、そもそも振込用紙には、2種類あるようです。そういえば・・・色が違う?!
そうです。振り込み用紙には赤いものと、青いものがあります。これは、手数料を誰が払うのかで決まるようです。もちろん、手数料として金額を書いていれば支払人(自分)で分かりますけどね。
赤い用紙は、受取人払い(相手)
青い用紙は、支払人払い(自分)郵便局備え付けられているのは、こっち。
コンビニの場合は、だいたい手数料がかかれてますね。(バーコードがあれば、記載されている金額が手数料だそうです。)

郵便局での手数料

ATMで振り込む場合、おそらく駅やショッピングモールなどのATMは、払込取扱票を挿入するところがないことが多いので、確実なのは「郵便局」です。郵便局に行きましょう。

窓口扱い
払込金額5万円未満⇒130円
払込金額5万円以上⇒340円

ATM扱い
払込金額5万円未満⇒80円
払込金額5万円以上⇒290円

10万以上は、窓口にいきましょう!

 

コンビニと郵便局、おすすめは。

10万円以上でも、コンビニだと振込用紙さえ持っていけば、すぐにできました。コンビニ決済の良いところは、時間的なことだと思います。コンビニは至る所にあって、店舗を探し回らなくてよく、時間も気にする必要がありません。(郵便局や金融機関だと取引時間に制限があったり、休日には営業していません。)忙しいサラリーマンには、ほんと気軽に利用できます。
また、最近、年配の人(我が家のお義父さん)もコンビニだと現金で払込ができると支持していまーす。年配の人は、ATM苦手みたいです~。

私は、今回のこともありいろいろ考えた結果、迷ったらコンビニ行きますかね~。仕事終わってからだと時間的に無理かも。今日は、たまたまお昼に行けました。