国民なら、必ず支払う消費税。だから読んでみた本「消費税・相続税で損しない本」

rawpixel / Pixabay
読書

こんにちは。ハグです。

みなさん、お金は好きですか?

ではなくて、お金について考えていますか。

ハグも考えています。

恥ずかしいですが、知ったかぶりしてるんです。

 

今回は、

「消費税・相続税で損しない本」を読みました。

著者の大村大次郎氏は、元国税調査官。

国税局に10年間勤務し、退職後、執筆や雑誌紀行、またテレビドラマの監修を務められてもおられます。

消費税もいつかは、上がるでしょうし・・・・

世間では、相続税や贈与税などのことばを耳にするようになり、手に取って読んだ本です。

ちょっと前の本ですが、ためになりました。

そこで、私なりの感想を書きます。

損しない本の読みやすさは

大村氏は、庶民のことを考えて、この本を書いてくれたことがわかります。

とくに、税金のことは考える暇(忙しい~)と必要のない(税金のことは、会社がやってくれる)
サラリーマンに伝えてくれています。

確かに、確定申告は会社任せです。

税金に関して知らないひとが多いですよね。

私もその一人です。

これは、生命保険に関してもいえるかもしれません。

「保険の見直しをしよう」と最近は、気にする人も多くなりましたけど。

読んでいけば、どれも自分には必要なことが書かれているので、とても読みやすかったです。

おすすめは

 

消費税増税前に、私たちがどのようなモノを考えて買うべきかを教えてくれていました。

また、NISA(現在は積立NISAも加わりましたが)のことにも、触れておられます。

相続税につても、裏ワザが書かれてあって、贈与税と並行しながら考えることができます。

さいごに

知っていて得することは、自らすすんで情報を、仕入れていかなければダメだと強くおもいました。

ネット上で調べたり、本を読んだりして出来事・事象を知ったうえで、実行できる自分でありたいとおもいます。

この本を読んで、ますますお金の勉強大切だと思いました。

 

サラリーマンが一番増税されているけれど、それに対して反論できない。

なぜか?

税金に関して、知識がないから。

 

ここは、すごく問題です。

頑張って、節税していくように、がんばる!がんばろう!

 

「消費税・相続税で損しない本」 大村大次郎 著(2014年2月15日)を読んで