犬を飼おうかどうか悩んでいませんか?飼う前に考えておいてほしいこと。

出来事

 

ハグの家には、去年の春から1匹の子犬がおります。

私は、家族からどんなに犬を飼いたいと言っても、「うん」と言いませんでした。

 

犬を飼う事になったいきさつ

 

何故かと言うと、周りで犬を飼っているお母さん方に聞くと、「 最初は散歩は子供たちがするけど、結局自分が行くことになるよ!」

そう、私が大変さを抱えるからと聞いていたから。

そして、生き物が増えると、お金もかかるだろうし。

ことように考えると、

あまりプラスの面は無いのかなと思っていました。

そして、犬の臭いはくさい。

 

それでも、子供たちは犬が飼いたくて、

「どうしたら飼える?」と聞いてくるので、こちらから条件を出しました。

その条件は、とてもクリアできると思えないほど、難しいものでした。

だから、私は犬を飼う事は決してないだろうとたかをくくっていました。

でも、その条件をクリアしたのです。

 

ですから、約束を守って飼わなくてはいけません。

 

犬を買いに行ったり、犬の全てに必要な事は、全部家族に任せました。

私は全く手をかけていません。

携わっていません。

だって、反対だったんですから〜

だから何も知らず、ある日、犬が我が家に来て、犬と一緒に暮らすことになったわけです。

 

しかし飼ってると、可愛くなり愛着が持て、家族がニコニコして犬に声をかけている姿を見ると、あー買ってよかったのかなあと思うようになりました。

 

今回は、犬を買うのを迷っている人に、以下の事をよく考えて、買うかどうか決めたらいい事をお話しします。

 

 

犬を飼うときに気をつけたい3つの事

 

抜け毛

犬を飼っていて、今1番思うのは、抜け毛のことです。

抜け毛が多いと、掃除も結構大変です。

そして何より、衣服につきます。

我が家は、ポメラニアンを買っています。

ポメラニアンは、毛が多くよく抜けます。

 

先日、トリミングに行きました。

いつもの値段よりも、値段が、加算されていました。

理由は、抜け毛をきちっと取っていないので、その処理分が加算されたわけです。

 

また毛玉とかがあると、毛玉を取るのに手間暇がかかるので、追加料金が発生します。

抜け毛が多いと、お金がかかる可能性が高いと言うことです。

もちろん、飼い主がきちんと処理をしていれば良いのですが、、

 

犬の毛について

犬の毛は、オーバーコート皮膚を保護する役目をする太くてしっかりした気質のものと、

アンダーコート皮膚の保湿や本の役目をする柔らかいものがあります。

 

抜け毛が多い犬は、大体寒い地域の犬種に見られて、これらの犬はアンダーコートとオーバーコートと言う2種類の被毛を持ちます。そしてこれをダブルコートといいます。

 

抜け毛が少ない犬は、アンダーコートだけを持ち、こちらをシングルコートといいます。ダブルコートとは逆で、暖かい地域が原産の犬種に見られます。

 

抜け毛が少ない犬種と抜け毛が多い犬種について

 

抜け毛が少ない犬種

プードル、トイプードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピーヨン、グレイハウンド、グレートデーン、チワワなど

 

抜け毛が多い犬種

ラフコリー、ボーダーコリー、シェットランドシープドック、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、コーギー、ポメラニアン、スピッツ、柴犬、秋田県、シベリアンハスキー、ミニチュアシュナウザーなど

 

もし、まだどの犬種にしようか悩まれているのであれば、

なるべくシングルコートの犬種=抜け毛が少ない犬を選ぶことをお勧めします。

 

抜け毛対策

 

抜け毛をしっかりとブラッシングする

掃除機やコロコロ(粘着クリーナー)などを使用してこまめに部屋を掃除する。

 

犬臭さ

 

普段犬を飼っていない人から見ると、やはり犬の臭さは気になります。実際に、私も犬を飼っていないときには、犬の匂いが大嫌いでした。

また、犬のトイレに関する臭さも気になります。

 

犬のトイレ

  1. トイレシートを捨てるときには、ナイロン袋に入れたり、すぐ家のと外に捨てたりする。
  2. トイレトレーを使っているのなら、どれも毎日まめに洗う。
  3. トイレ周りのフローリングは、広めに拭く。

我が家はスプレーで召集しています。

ペットショップに売っているので、できれば、ペットがなめても安全な消臭剤を使ってほしいです。

 

お値段は、少し高いですが、トイレシートをフローラルなどの香のあるものにしてみるとだいぶ違います。

 

犬が触るもの

 

犬が触れたりするものは、どうしても臭くなります。

クッションや毛布など、特によく臭います。

洗うことで匂いは、軽減できるので、洗えるものを使用することをお勧めします。

ソファーなら、ソファーカバーをつけるとか、洗えるようにすることが1番だと思います。

 

お散歩

 

一度でも散歩してしまうと、犬は散歩の経験を覚えてしまうので、散歩に連れて行くことが良いでしょう。

全く散歩をしていないのであれば、行く必要はないという考えもありだそうです。

 

散歩することが、自分にとってストレスになりそうなら、散歩に連れて行かなくていいと言うことです。

 

散歩は、犬の運動または体力づくりであったり、気分転換であったり

1日中、室内だと刺激も変化もないので、新しい刺激をと思って

我が家は、連れて行っています。

家族で協力してです。

電柱や木の根元に他の犬のマーキングを発見して、クンクンしながら楽しんでいる姿を見ると、散歩もいいんじゃないかなと思います。

 

そして、何より最近思うんですが

散歩に連れて行っていると、いろいろな人が声をかけてくれて、

普段なら全く喋ることもないような人と、コミニケーションができます。

これは、犬を飼う前には、予想していなかったことです。

犬を通していろんな人と話ができるのはいいことですよね。

 

まとめ

 

犬を飼ってみて、しなければならないことが増えたように思いますが、家族の中でにっこりする場面がたくさん見られるようになったこと。

 

そして、どんなに自分が機嫌が悪くても、ついつい犬を見ていると、優しくなれること。

犬からいやしをもらえます。

 

犬を買うかどうか迷っている方、迷っているのなら飼ったらいいですよ。

 

今では、1番犬を飼うことに反対していた私が、1番犬を可愛がっています。