親子で遊べる「ぴょんぴょんしょうぎ」。楽しいとしかいえないですね。かえるになったつもりでぴょーん!!

ゲーム

ぴょんぴょんしょうぎ

ポプラ社(たかはしやまと 作・よりふじぶんぺい 画)

 

ルールは、かんたんです。

 

そして、このゲーム。

なんと、絵本になっていて、ルールを絵本で読んであげることができます。

 

ルールを説明するのが苦手っていうお母さんには、もってこいです。

 

絵本のなかに、ゲーム台やかえるのこまが入っています。

かえるのこまが、じしゃくになっているので、台に置きやすいです。

 

かたづけもしっかりできる優れものですよ。

 

かたづけまでが、ゲームですね。

 

対象年齢

4才ぐらい~(3才でもできそうかも)

人数

ふたり

内容物

このはっぱの中に、かえるのこまが入っています。

おかたづけもこのように(手先の訓練になります)

 

●絵本

●かえるのこま(みどり×10、あか×10)

 

遊び方・ルール

こまは、前にだけすすめます。

前にこまがある時は、とびこえて進めます。

 

①順番をきめます。

 

「おねがいします」と言ってゲームをはじめます。

 

③自分のこまをすすめます。

 

(もっと詳しくは、絵本にかかれています)

 

相手の色のところに自分のこまが全部はいれたら勝ちです。

 

負けたひとが「まけました」といいます。

 

ルールは、絵本を読むことで視覚的的にわかりやすくなっています。

 

自分のかえるのこまを動かす時に、「ぴょーん」と声を出すことでより楽しんで遊ぶことができます。

かえるの絵はかわいいので、子どもさんによっては最初、楽しいことだけに集中するかもしれません。

(ほんとうに、かわいいんですよ。)

 

何回か遊ぶことで、少しずつ勝ち負けを気にしつつ、落ち着いてゲームをするようになると思います。

 

どんな時でも、はじめのあいさつとおわりのあいさつをすることによって、

遊びのけじめがつけれます。

 

勝っても負けても

ゲームは楽しいのが一番ですからね。