鳥取で有名なおまんじゅう「ふろしきまんじゅう」

食べる

こんにちは、ハグです。

ハグは、岡山県民。そして、日本人。

和菓子だいすきなんです。特に、おまんじゅう。

岡山にも大手饅頭があります。おいしですよ。

今回は、先日鳥取に行ったとき頂いて食べた和菓子

「ふろしきまんじゅう」がおいしかったのでご報告します。

 

「ふろしきまんじゅう」とは

有限会社「山本おたふく堂」によって製造されています。

「ふろしきまんじゅう」名前の由来

皮の生地をふろしき状に広げてあんを包んでいることから

 

実物を見てみましょう。

ちなみに、これは3個入りです。

 

透明なフィルムに包まれています。

 

ほんとですね。

よく見るとまるまるって感じではないです。

 

私が最もすばらしいと感じたこと。

この原材料名のところ。

糖蜜(和三盆の原糖)、生あん、黒砂糖の明記

和三盆!黒砂糖!

甘さを加えるには良いものです。

また、防腐剤や添加物が入っていない。

だから、消費期限は短いですね。

昔ながらの材料でつくっているんでしょうね。

最近は、消費者が安さを求めるため材料費を抑えるため、添加物を使っているお店が多いんですよ。

このおまんじゅうは体にやさしい。

 

ふろしきまんじゅうは、日本の昔からのスイーツですね。

中身をわって・・・

しっかりと、まっくろなあんこが入っています。

甘さも程よい感じです。

ふろしきにつつんでいたので・・・・

ぺっちゃりしていますが・・・

 

まとめ

「ふろしきまんじゅう」は、鳥取県の代表するお菓子。

お土産にはもってこいです。

昔ながらの材料お使っているので、安心してたべれますね。

このまま、昔ながらの味を引き継いでほしいです。

今回は、お土産にいただいたのですが、次回鳥取に行ったときには

もちろん購入します。

 

 

夕食として駅弁もたべました。

お弁当ですが、カニの身がふんだんに入っています。

 

▲こちら、鳥取駅改札付近で購入できます。