「ニュージーランドまるわかり講演会」。倉敷市は、ニュージーランドのホストタウンです。

rawpixel / Pixabay
出来事

こんばんは、ハグです。

今回は倉敷市国際交流協会が主催している

「ニュージーランド。わかり講演会」に行ってきました。

どうして、行きたくなったのか?

外国の情報に触れたかったからかなあ。

2020年東京オリンピック、パラリンピックに置いて倉敷市は、ニュージーランドのホストタウンに登録されているんですよ。

楽しみです。

 

講演会は、お昼の3時からなので、ちょっと、その前にお昼を軽く食べました。

すし丸でランチセットを注文。

お吸い物と握り寿司。

なんとお値段は、600円でした。

そして、食後のコーヒーかカプチーノが平日のランチの時間だけ、一杯タダなんです。

もちろん、いただきました。

 

講演会があったのは、倉敷市立美術館。行く途中の倉敷市商店街で、こんなものも見つけました。

えびすさんのいろいろなところ触りながら、おかげをもらえたかな~。

 

 

「ニュージーランド。まるわかり講演会」

始まりました。

講師は駐日ニュージーランド大使館のリディア・コバーラッドさん。とても日本語が上手でした。

 

ニュージーランド首相

まずは、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相について話されました。

私は知らなかったのですが、まずは女性。しかも37歳。

そして妊娠されていて、産休を数ヶ月とってまた復帰すると言うことも言っておられました。

何か日本とは、全然違うなぁというのが正直なところです。良い意味で。

固定観念にとらわれない、そんな国なのでしょうか。

それに、ニュージーランドは世界で初めて、女性の選挙権を認めた国。すごい!

言語は3つあるそうです英語、マオリ語、そして手話。手話を言語と認識しているところもいいですね。

 

プレゼンでは、ニュージーランドの映像を見ながらだったので、イメージしやすかった。

 

あいさつ

額と鼻を合わせる挨拶、「ホンギ」。これは相手を仲間として受け入れることを意味するそうです。

 

民族舞踊

ニュージーランドの民族舞踊「ハカ」。

ラグビーの試合の前にやっていることで有名だそうです。目を大きくしそして舌を出して躍る。

見て見たいなあ。

 

産業

 

ニュージーランドから、日本はキウイやアルミ、牛肉などを輸入しています。

主な産業は農業と言うことです。

でもちょっと私たちが意識してる農業のイメージとは違ってます。

キウイは、機械を使って収穫しているんですよね。また、膨大な農地の管理は今、話題のドローンを使っているんですって。すごいですね。

 

2020年にニュージーランドの人たちが倉敷市にやってきたときには、どんなおもてなしをしたらいいですかと言う質問にリディアさんは、漫画やカラオケなどはとても喜ぶだろうと言っていました。日本食は、やはりお寿司がおススメみたいでしたね。

 

日本にいると当たり前のことが、外国の人にとっては新鮮なんですよね。

 

 

今回ニュージーランドのお菓子やジュースの試食・試飲もありました。

 

2020年東京オリンピックの時に、日本を訪れたニュージーランドの人たちでが、倉敷市で楽しんでいてくれるかな!ニュージーランドの人を受け入れてホストファミリーをしてみようかなあ。