玄米ランチを倉敷「中島屋」で食べました。

食べる

こんにちは。ハグです。

倉敷に住んでいても、なかなか美観地区に訪れることが少ない。

まあ~

いつでも行けるから

と思っているからなんですけど。

今日は、知人に案内してもらい

高梁川流域の食と作家のお店「中島屋」に行ってきました。

 

中島屋はどんなお店

美観地区の大きな通りから少し中に入りますが、倉敷駅からは10分少々です。

(国指定要文化財大橋家住宅の近くです。)

 

もちろん、外観は美観地区らしい

白壁の日本建築の家ですね。

▲「中島屋」の文字が入った看板?

今日は黄色ぽいですが、季節によって看板の色は変えるようですよ。

▲店内に入るところに、メニューが書かれたボードがあります。

定休日は、月曜日

ランチは、土曜日曜もやっているようですね。

(私が訪れたのは、土曜日)

 

夜も営業されています。

食材にはこだわりが見られます。

 

 

店内は、丸いテーブルが二つ・長方形のテーブルが一つ・カウンターぽい感じの席がありました。

おおよそ16席ぐらいでしょうか。

 

お店のHPによると、個室もあるようです。

▲これが、メニュー

ランチは2種類。

カレーと玄米定食。

今回は、私もそして一緒に来た知人も

みんな玄米定食を注文しました。

 

特製カレー食べられた方いましたら、

また感想教えてくださいね。

 

 

玄米は完全無農薬の玄米です。

 

玄米の効用が書かれていました。

 

玄米の効用

●老化退延効果

●排便促進効果

●低体温の改善

●排毒排泄作用

●腸内の有効微生物の繁殖。

●玄米採食により、弱アルカリ性になる。

●肝機能改善、動脈硬化予防、高脂血症改善

●認知症予防

●抗酸化力

●自律神経の調節

●精神安定作用、血圧安定作用

 

たくさんありますね。

とにかく

玄米を食べると良いことが多いんですね。

 

 

 

こんな感じです。

あれ~?

メインの食べ物は?

 

なんて思ってしまいますよね。

 

よーくみてください!

 

とうふと油揚げ

 

畑のお肉がありますね。

 

▲厚揚げの中には、野菜がいろいろはいっていました。

玄米は、もちもちしていて程よい固さです。

 

サラダには、甘酒ドレッシングがかけてありました。

お腹いっぱいという感覚はありませんでした。

 

しかし・・・

お腹は八分目で、満たされてました。

食べたことで、気持ちよく元気になっている?

こんな表現でわかってもらえるかな~

 

(表現しきれないわ~)

 

美味しかったってことです。

 

 

▲お茶の販売もしています。

 

 

▲作家さんの作品が売られています。

 

入ったところと違うところから出ると・・・

 

なにやら、アート!!

 

これは、きっと私にはわからない

現代アートでしょうね。

 

まとめ

美観地区にある「中島屋」さん。

 

玄米はもちろん、その他の食材にこだわったランチは

食の根本を教えてくれているようでした。

 

日本人としての食文化

玄米ご飯・とうふ・油揚げ・甘酒・お漬物(梅干し)

 

どれも身近だけど、ここで食べるとよりおいしく感じると思います。

 

翌日、いつもよりちょっと値段の高いとうふをスーパーで買いました。

(とうふをぜいたくに食べてみたくなったんです。)

 

そうそう、余談ですが・・・・

 

アメリカでよくスーパーで売られていたとうふは、

ハウス食品のものでした。

 

日本でのイメージとちがうでしょ!

 

今は、どこのメーカーがとうふ製造しているのかな~?!